コラム

HOME > コラム > 消費者問題コラム「架空請求について」

消費者問題コラム「架空請求について」

 ある日突然、身に覚えのないダイヤルQ2などの請求や債権回収業者を名乗る団体からの請求がメールや手紙で届く架空請求が急増しています。 文面には「自宅や仕事先に回収に行く」等脅迫めいた文言が書かれており、請求を受けた者を不安に陥れる内容となっています。脅迫めいた文言に不安を感じて、相手のいう金額を支払ってしまう人も実際多いようですが、そもそもこのような請求は支払う義務のない不当な請求ですので、相手にする必要はありません。架空請求をしている側も「数打ちゃ、当たる」的になんらかの方法で入手した様々な名簿を元にランダムに送りつけているだけなのです。

 このような請求を受けた場合の対処の仕方は「相手にしない」、「無視する」が一番です。請求の内容を確かめようと架空請求書に記載されている連絡先に電話などで連絡してしまいますと、相手に電話番号などこちらの情報を与えてしまうことになり、執拗な請求を受けることになりかねませんのでご注意ください。また、一度でも支払ってしまうと架空請求業者のリストに載ってしまいますので、何度でも同じような請求が繰り返されることになります。

 また、サラ金などの金融業者から借り入れをしたことがある、ダイヤルQ2などを利用したことがあるなどの経験がある人が架空請求を受ける事例が多いようです。これはこのような利用歴のある人のリストが架空請求業者に出回っているからであると考えられます。サラ金から借り入れ歴がある、ダイヤルQ2の利用歴がある人でも今届いている請求書の内容や請求元業者に覚えがなかったり、疑問に感じた場合には安易に支払わないようにする必要があります。

 以上みてきたように架空請求に対する対処法は無視することなのですが、それでも不安を感じる場合にはお近くの司法書士、あるいは司法書士会にご相談ください。
  ページの先頭へ
Copyright(c)2011.KYOTO Shihoushoshi Lawyer`s Association All Rights Reserved. 個人情報保護方針