こんなときは司法書士にご相談ください。

HOME > こんなときは司法書士にご相談ください。
裁判のこと

訪問販売で買った布団を解約・返品したい・・・
敷金を返還してほしい・・・
知り合いに貸したお金を返してほしい・・・
取引先から売買代金を支払ってもらえない・・・


私たちの日々の生活の中では、時としてさまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。
そんなトラブルを解決するひとつの方法として、裁判手続による解決があります。
司法書士は、そのような裁判手続でもお役に立つことができます。
貸金の請求や家賃・敷金の請求、売掛金の請求など、皆さんが裁判所に訴えや申立をするに当たって、司法書士は皆さんに代わって書類の作成を行い、裁判手続を支援します。
また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、請求する金額が140万円以下の身近な事件(簡易裁判所の管轄事件)の場合、皆さんの代理人として法廷に立つことができますし、和解や調停、示談交渉を行うことができます。
皆様の身近なトラブルに関する裁判手続をお手伝いする法律の専門家として、司法書士に気軽にご相談ください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

  ページの先頭へ
Copyright(c)2011.KYOTO Shihoushoshi Lawyer`s Association All Rights Reserved. 個人情報保護方針